圧倒的に読まれていないブログ

ブログ。アップデート中!

「彩ふ読書会」でステキな人と本に出逢ってきた

このたび読書会に参加してきました。今回はそのキッカケと実際に行ってみた体験談を書きます!

 

1.読書会とはなんぞや?

 

初めて読書会なるものに参加しました!きっかけは『ストレングスファインダー2.0』という本の影響です。どんな本かと言いますと、一言でいうと自分の“強み”を教えてくれる本です。



f:id:kurosome:20180904231229j:image

まず本を最初の何ページか読んだ後、インターネット上にあるストレングスファインダーのサイト?に飛びます。はい、なので本ですが本自体はあまり読みませんでした。そこで本に付属しているパスワードを入力して、たくさんの質問にこたえるのですが、出てくる質問に答えていくと、34にの資質に分類された中の自分の“強み”上位5つを教えてくれるという本です。性格診断みたいなのに似てるかな。ただ、質問の量は尋常じゃないです。20分くらいかかるので注意!さらにパスワードは一回きりなので、古本屋で買うのはおすすめできません笑 いやーうまいことできてますね。

この本のことは、また今度の機会に書くことにします。

その本の中に、「あなたは読書会にいくのがいいです」みたいなことが書いてあったんです。それがきっかけ。

「読書会?」

その時初めてそんな会があることを知りました。なんじゃそらと。みんなで集まって黙々と本を読むのかと。一体それはなんの意味があるのかと。

あまりに聞き慣れない言葉にひとまずツイッターで検索をかけてみました。すると何件かヒットするんですね!マジでやってました!いろんなスタイルがあるみたいでしたが、みんなで集まって黙々と本を読まないということだけは分かりました。まあちょっと考えたら分かるんでしょうけど、お互いに好きな本を紹介し合う会ってのが一般的なのかなと感じました。

“むむ、これはインプットにおける慢性的な肥満になっている僕にとって、アウトプットができるチャンス!”

と思い、ツイッターで近くでやっている読書会を探してさっそく行ってきました!しかも運良く「初心者限定読書会」を開催してくださっていたので、なお有りがたし!!それが「彩ふ読書会」さんでした。

 

2.いざ大阪へ

 

朝から大阪に向けて出発しました。はじめてのの大阪駅。いやーめっちゃキレイでした。なんばで降りることはあっても大阪駅で降りることないから新鮮。ビルの上におそらくおしゃれであろうツタヤ書店を発見したので、早く到着してしまったこともありちょっとゆっくり。してたら、いやし過ぎたねこれ。あんなにオシャレなんはせこいね。長居しちゃうもんね!あれは反則。よくあんな余裕ぶっこいて見知らぬ土地で安らぎを感じてたなと反省。最後は冷や汗をかきながら到着。あとちょっと迷ったらおしまいでしたね。

 読書会はレンタルスペースで行われたんですが、これまた洒落た場所でした。


f:id:kurosome:20180904231542j:image

(レンタルスペースの入口です)

そのへんについてもまた別で書けたら書きます。

 

3.全員初対面!読書会にどっぷり浸かる!

 

 扉をあけると、約20人ほどの方がすでに到着しておられました。初心者限定ということもあり、みんな緊張した面持ち。3テーブルに分かれていて、僕はBテーブルへ案内されました。どりあえず無事についたことへの安堵感に浸る私。すでにテーブルには若い女性のかたがお二人と学生さんっぽい男の子が一人座っておられました。かるく挨拶を交わしたあと、「どこから来られたんですか?」「緊張しますね」なんてやり取りをしながら、読書会が始まるのを待つ。

 最後に同じテーブルに年配の女性がこられたのを皮切りに、いよいよ読書会スタート!初めに主催者の男性の方から読書会の流れと簡単な説明がありました。随所に笑いをいれられ、和やかな雰囲気を作ってくださいました。すごい、やっぱり慣れておられる。(あと男の僕がいうのもなんですが男前です)

 そこから自己紹介。各テーブルごとにサポーターの方がおられ、そのかたが進めて下さいました。なのでうちのテーブルには男性2人、女性4人の計6人。サポーターの方が司会をしながら時間の調節なんかもこなされます。うちのサポーターさんは女性のかたで、話しを聞いてるだけでも、かなりの読書量なんだろうなというのがわかりました。とても気さくで、機転もきき、この人めっちゃサポーター向いてるなと勝手に分析(えらそうにすみません)。

 さて、初めにそのサポーターの方が本を紹介したあと、時計回りで発表。ん、ということは僕が一番か?いいでしょう!やりましょう!そのために来たんですから!

 僕が紹介したのはこの本です。


f:id:kurosome:20180904231338j:image

 

森下典子さんの『日日是好日』という本。これめっちゃ好きなんですよね。とくにまえがきが良い!

茶道の本なんですけど、茶道の本ではないと言うか、、、人生の糧になること間違いなしの本です。普段なにげなく感じていることを言語化されていて、あーそれ分かるーって思えるんです。何回読んでも感動してすっきりした気持ちになるんですよね!そして鳥肌が立つ笑

まえがきだけでもいいのでぜひ読んで下さい!

一緒のテーブルのみなさんも本当に自分の本の紹介が上手!本が好きっていう熱が伝わってきます!ぜひ読んでみたいって本にも出会うことができました。たまに熱がありすぎて紹介が長くなってしまう方もおられたのですが(笑)そういうときはサポーターの方が、「それは〇〇っていうことですか?」みたいな質問から自分のところに一旦話の主導権を預かり、その流れからやんわりとお話を収拾されていました。これ、簡単にやっておられましたけど、かなり難しいんですよね。僕にはできません。おそらく意図的にやっていたのだと思いますが、ここでも勝手にすごいなーとこれまた分析。(えらそうにすみません)。

時間があったので二巡目スタート!一応用意しておいた先ほど紹介した『ストレングスファインダー』を紹介。

プログラムのまとめ?としては全体の前で一人一分くらいで自分の好きな本を紹介しました。そこが一番緊張した。けど、めっちゃたのしかったです。ほんまいい経験できました!

そしてこれからも定期的に続けていかれるということで今後の予定なんかも宣伝されていました。今回は自分の好きな本を紹介というスタイルでしたが、課題図書という、ひとつの本に絞ってみんなでそれについて話すというスタイルもあるそうです。この日の午後も『星の王子様』を題材にして、もう一度読書会をおこなうということでした。

 

この『星の王子様』もそうですが、今後行われる予定の課題図書もめちゃくちゃセンスが光ってました。控えめに言ってめっちゃ光ってました。その次の週が『舟を編む』。そして次が『革命のファンファーレ』。『船を編む』は読んだこと無いけど、読んでみたいと思っている本でした。そしてまさかの『革命のファンファーレ』。先日、西野さんの講演会に行ってきた僕としては語りたい本なんです笑

主催者の、のののさん。只者じゃないですね。いやー行きたい。でもちょっと予定が合わない!!

また次回予定が合えばぜひお願いします!!!

終了後は、本の写真とったり、別のテーブルの方々とお話したりという時間も用意してくださっていました。


f:id:kurosome:20180904231419j:image

(Bグループで紹介された本)

「わたしも『日日是好日』好きなんです。」って方もいらっしゃったり、「この本ぜひ読んでみたいです」と言ってくださる方がいたり、主催者のかたに、読書会を始めた動機を聴けたりと最後までどっぷり楽しめた二時間でした。

というか、せっかく誰かに配ろうと思って『日日是好日』を二冊持っていったのに結局誰にも渡さずに帰ってきてしまった、、、。反省です。

いやーでもこれは魅力的ですね。自分の居場所ができるなと感じました。主催者のかたが2回目3回目と来られることで、また違った良さがあると言っていた気がしますが(言ってなかったらすみません)本当にそのとおりですね。家でもない、職場でもない、第三の居場所。そんな空間を味わうことができます。本好きのそこのあなた、行って見る価値がそこにはあります!おすすめです。

運営チームのみなさん、参加されたみなさん本当に充実した時間をありがとうございました。

 

以上、読書会参加レポートでした!