圧倒的に読まれていないブログ

ブログ。アップデート中!

ブロクが圧倒的に見られていない件について

ブログが圧倒的に見られていない。

圧倒的である。

サッカーでいったら25-1くらい圧倒的な試合展開。

選手でいうとメッシくらい圧倒的な存在感。

そのくらい圧倒的。

そういう意味では僕のブログはメッシくらい圧倒的なブログとも言うことが出来よう。

さらに言い換えれば、目にも留まらぬ速さで駆け抜ける圧倒的なメッシのブログである。はてなさん、なんか僕のブログだけ二倍くらいの速度で人の目から遠ざかるように設定されてませんか?

 

ちなみにこのブログは、知人には教えていない。

ブログを初めた時、頭の整理やアウトプットのために始めたのだが、心の奥底では、

「せっかく書くなら面白いブログを書きたい。そして俺はそんなブログを書ける自信がある」

と思っていた。

何の根拠もない自負があったのだ。

「本当におもしろいブログを書けば、たとえ知人に教えなくても、人の目に留まる。そして燎原に火を放ったが如く、広がっていく。

このブログで自分の実力がどれくらいものなのか計ろう。そして俺という存在を世に知らしめる。これは世界と俺の筆を通した殴りあいの喧嘩なのだ。」

そこまで思っていた。

さらに、

「今までの頭に残っている面白かったこととか書いたら、すぐ10や20くらいの記事は書ける」

という自負もあった。

ところが、今現在一ヶ月ほど経った段階で記事の数は6。

あれだけ頭の中にあった、面白い日常はどこに行ったのか。ワールドカップでも見にロシアまで行ってしまったのだろうか。

頭の中には、次の記事の構想が一切存在しない。

 

その結果、毎日のように並ぶ「アクセス解析“0”」

一向に読まれる気配のない記事。たまに日記を書いていたのかと思い違える時がある。

あの意気込みはどこにいったのか、あの熱いパッション、自信。そういうものは今現在、皆無に等しい。今ブログを書いている私は、70歳くらいのおじいさんの気持ちである。

ブログの潮時を探している。

 

ただ、ここでやめたらもうここに戻ってくるのは難しい。

ここで逃げても誰も何も言わないだろう。

なぜなら誰も見ていないからである。

 

俺は、、、

俺はそれでもやるよ、、、

理由はない。

何が俺を突き動かすのかもわからない。

というかこれが突き動いている状態なのかも分からない。

 

 

、、、

もう一度勉強し直して、謙虚な気持ちで、書こう。

やはり、見られないということは、面白くないということだ。

本とか、他の人のブログとか読んで、面白い文章を書けるコツみたいなんをまず学ぼう。

 

ロック・リーも言ってたもんな「木の葉の蓮華は二度咲きます」って。

みなさん、、、吉田のブログも二度咲きます。

次回から、勉強したこととかも載せながら、確実に面白くなっていく、このブログをとくとご賞味あれ!!!!


f:id:kurosome:20180624090915j:image

coming soon!!